​HISTORY

社史

当時の農業用トレーラ ライトカー
HOME>社史
社史

1933年
創業 花岡種次郎、花岡商店を創業(横浜市金港橋)

トラクター用トレーラの営業を開始し、国内及び中国へと販路を開拓

1934年

東京都本所江東橋を経て現在地に事務所を移転

1940年
花岡宏社長に就任(株)花岡軽車輛製作所に社名変更(資本金19万5千円)

昭和17年株式会社花岡商店として会社に組織変更(資本金10万円)

1945年

戦災により、昭和21年再建営業開始

1947年
台東区上野に営業所を新設、戦後統制中は運輸省、通産省の中央資材割当メーカーとなる

花岡車輌(株)に社名変更(資本金150万円)

1950年

ブリジストンタイヤ(株)の自動車タイヤ代理店、農機用タイヤ東日本総代理店となる

1955年
農業用トレーラ「ライトカー」(プレス鋼板製軽自動車規格)
大型トレーラを開発し国内最初の型式認定を受ける

トレーラ用ブレーキ車軸のJIS許可工場となる

1962年

生産拡充のため新工場(埼玉県鴻巣市)を設立、竣工創業30周年記念行事を催す(7月)

1964年

タイヤ事業部門ならびに農機用車輛部門を花岡産業(株)に移管

1965年

プレス製ハンドトラック(当時の運班車または台車)「ダンディ」の製品、販売の開発に着手

1967年

空港用物流機器製品を開発、販売を開始

1974年

空港用物流機器の専門工場として第2工場を増設(2月)

1977年

大阪営業所開設(2月)

1978年

リフトトラック「ダンディリフト」開発

昭和55年シリーズ化発売

1980年

本社新社屋竣工
3月移転、11月新社屋竣工記念行事を催す

 

1982年

独ハノーバー展に出品(4月)

1983年

米シカゴ物流展に出品(4月)

1985年

社長花岡宏藍綬褒章受章(11月)

1989年

社長花岡宏死去(4月4日)

花岡茂社長就任(4月)
花岡宏記念技術管理センター及びレストハウス竣工(11月)

1990年

航空旅客手荷物用プッシュカート(エスカレーター仕様)開発

B747用高速コンテナトレーラ(前後牽引)開発、納入(米国特許取得)名古屋営業所開設(9月)

1991年

鴻巣工場内に第3工場を新設

1994年

無人搬送車「ダンディシャトル」を開発(10月)

1995年

国際健康福祉機器展にて段差解消用リフトを発表(10月)

1996年

独ハノーバー展に無人搬送車を出品(4月)

1997年

私募社債発行

2001年
社長花岡茂死去(6月12日)

花岡徹社長就任(6月)

2003年

ユニバーサルデザイン商品開発着手
独REHA展に段差解消機を出品

2004年

ユニバーサル商品発表(6月)「プレミアムダンディ70」「プレミアムダンディリフト70」

ユニバーサルデザインを取り入れた航空旅客用手荷物カート「PC70」を開発、発売

羽田空港に納品

2005年

ユニバーサルデザインによる無人車「プレミアムダンディシャトル」を発表
中部国際空港へユニバーサルデザインカート「PC-70」を納品

2011年

ダンディシリーズがユニバーサルデザインハンドル標準仕様にモデルチェンジ

2017年

ブランド再構築のため東京本社ショールームをリニューアル

2018年

ダンディブランドロゴ 変更、ダンディXシリーズ発売開始

製品ラインナップ

Product lineup

>コンテナドーリー
>パレットドーリー
>バルクカート
>手荷物用カート
​>ショッピングカート
>UT車
>スレーブパレット
>ULD対応ステージ
>空港用ULD専用ラック
>足踏み式段差解消リフト
​>電動式段差解消リフト

​その他

各種お問い合わせ

(製品/特注/広報他)

HANAOKA-ROGO青単体.png

​Tokyo,Japan

花岡車輌株式会社

東京都江東区白河2-17-10

TEL

FAX

MAIL

03-3643-5270

  • 花岡車輌Twitter
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン

最新情報を配信中

© 2018 HANAOKA SHARYO CO.,LTD All Rights Reserved.