• HANAOKA

2019国際ロボット展 プレス発表会にて弊社AGV展示



#2019国際ロボット展 プレス発表会】弊社AGV紹介されました

本日「2019国際ロボット展」(iREX2109)のプレス発表会が行われ、

弊社のANA様との実証実験した段差やスロープにも強い自律型AGV「DANDY AUTO-PILOT」が発表・展示・紹介されました。当発表会内の実機ではたった2社の枠に展示して頂きました。


>2019国際ロボット展について

2年に一度開催する世界最大規模のロボットトレードショーで、今回で23回を迎える展示会です。東京ビッグサイトの「青海・西・南」といったほぼ全館を使っての展示会となり、今回は過去最大規模での開催となります。

産業用ロボットメーカーによる大規模展示を始め、国内外よりIoT、AI、関連技術などロボットに関わる製品技術が一堂に集まります。


■展示会概要

展示会名:2019国際ロボット展(INTERNATIONAL ROBOT EXHIBITION)※iREX

期間:2019年12月18日〜21日(10:00-17:00)

場所:東京ビッグサイト 青海・西・南

展示場所:東京都立産業技術研究センター コマ内

コマ番号:S3-55(南3・4ホール)

>AGV「DANDY AUTO-PILOT」について



■当該実証実験AGVの特徴

特徴:「段差・スロープに対応した次世代型AGV」

  自律移動式(磁気テープレス)・ロッカーボギー駆動採用

  高低差が大きいスロープも走行可能。

製品名:DANDY AUTO-PILOT

積載荷重:200kg(悪路,勾配は100kg)

搬送方法:積載

駆動方式:二輪駆動

制御方式:ACサーボモータ駆動(保持ブレーキ付き)

マッピング:SLAM


■公募型共同研究開発 採択案件

東京都立産業技術研究センターの東京都ロボット産業活性化事業にて2018年10月に採択決定した事業化モデルのAGVです。

実証実験は、全日本空輸(ANA)様の羽田空港にある航空機格納庫内での広く勾配(4-5度)のある走行路で、工具箱の運搬を無人搬送する事業化モデルでの実証実験が行われました。

採択ページ:https://www.iri-tokyo.jp/uploaded/attachment/8351.pdf

<採択内容詳細>

共同体:全日本空輸・東京都立産業技術研究センター・花岡車輌

採択案件:東京都ロボット産業活性化事業公募型共同研究開発事業

テーマ:自立移動型AGVの事業化

検証日程:2019年9月19日・20日

場所:全日本空輸様 羽田空港エアフレームメンテナンスビル1F

検証実験内容:工具箱を工具室から作業場までの運搬

検証項目:場内での自律走行・勾配走行・段差など路面対応・障害物対応・到着時パトライト点灯



是非会場にお越し下さい


>段差やスロープに強いAGV「DANDY AUTO-PILOT」全日本空輸様(ANA)実証実験.ver

※実証実験機のため発売しておりません。

製品ラインナップ

Product lineup

>コンテナドーリー
>パレットドーリー
>バルクカート
>空港用手荷物用カート
​>ショッピングカート
>UT車
>スレーブパレット
>ULD対応ステージ
>空港用ULD専用ラック
 
>足踏み式段差解消リフト
​>電動式段差解消リフト

​その他

各種お問い合わせ

(製品/特注/広報他)

ロゴブルー文字あり.png

花岡車輌株式会社

東京都江東区白河2-17-10

TEL

FAX

MAIL

03-3643-5270

  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン
  • 黒のYouTubeアイコン
  • 花岡車輌Twitter
  • Pinterest花岡車輌公式
%E6%B1%9F%E6%9D%B1%E3%83%96%E3%83%A9%E3%

江東ブランド

江東区認定企業

© 2018 HANAOKA SHARYO CO.,LTD All Rights Reserved.