本文

TOP>産業用物流機器indexページ

物流機器top

産業用物流機器とは

物流機器使用する現場

産業用物流機器は工場の生産現場や倉庫、流通などの現場で主に使用される物流機器です。
カンタンに言えば物を運ぶという行為をアシストする製品であり、台車であったり、段差を解消するテーブルリフトや物の流れを生み出すコンベアなども産業用物流機器の一つです。
特に花岡車輌の製品は工業に特化した頑丈な製品が多く、弊社の台車ブランド「ダンディシリーズ」は日本初の台車(規格量産型)であるとともにその頑丈さ耐久性・操作性が高く評価されております。





物流機器一覧

ラインナップ製品特徴
台車

ダンディ台車シリーズ

    日本で初めての規格量産型台車「ダンディシリーズ」。頑丈・耐久性も高くユニバーサルデザインを取り入れた商品です。形状もハンドルおりたたみ式から多段式や頑丈で評判の固定ハンドルなど数多く取り揃えております。

    【荷台サイズ】
    小サイズ(W710×D450)
    中サイズ(W800×D500)
    大サイズ(W900×D600)
    特大サイズ(W1200×D750)

    【耐荷重】
    150kg(小),300kg(中,大),500kg(特大)
リフト台車

ダンディリフト台車シリーズ

    台車にテーブル昇降の機能を付けたダンディリフトシリーズは作業台やトラックの操作方法も簡単です。足踏み式のペダルを踏むたびに上昇し、下降レバーを引くことで下降し、好きなところで止めることも可能です。昇降高さも機種によっては高揚程できるものもございます。安全対策視点から挟み込み防止のジャバラオプションが今人気です。

    【耐荷重】
    150kg,250kg,350kg,500kg,800kg
キャスター

キャスター

    キャスターについてのページです。路面状況によって最適なキャスターを選ぶことができます。詳細については弊社までお問い合わせください。
    【種類】
    ウレタン車輪:ゴムに比べ始動抵抗が良い。
    ナイロン車輪:圧縮永久歪性、耐油性、耐水性に優れている。
    導電車輪:静電気を嫌う場所にて最適。
    ステンレス車輪:耐水性に優れ食品工場等で導入されている。
テーブルリフト

テーブルリフトシリーズ

    電動でテーブルを昇降できるテーブルリフト。圧倒的薄さを誇る「フラットリフトシリーズ」
    パレットサイズの「パレットリフト」
    耐荷重も1000kgまで対応と、工場・倉庫・店舗のトラックヤードなど段差がある搬入口で活躍しております。オプションでもターンテーブルや足で操作するペダルスイッチもご用意しております。
労働負荷軽減/電動台車

電動台車シリーズ

    電動で動くバッテリー式の台車シリーズ。現代の日本の物流では、少子高齢化で働き手が少なくなり、女性の社会進出が進むなど高いパフォーマンスを維持するには労働負荷軽減が至上命題となっております。そこで活躍するのが電動台車シリーズです。
    【ダンディオートシリーズ】
    ・電動走行が可能
    【モービルリフトシリーズ】
    ・電動走行・昇降も可能
    【プレミアムダンディリニア】
    ・リニアアクチュエーターを使用した油漏れなく静かな昇降を実現
腰痛対策機器/レベラー

腰痛対策レベラーシリーズ

    腰痛対策で今大人気のレベラーシリーズ。今までの物流機器では見たことのない動きで作業者のかがむ姿勢を軽減することができます。秘密はバネを使用した構造にあり、荷物を載せれば下り外せば上がるという常の位置に荷物がくる優れものです。
    【ダンディレベラー】
    台車×レベラーで幅広い腰痛対策に
    【パレットレベラー】
    パレットサイズでかつターンテーブル付きのためパレタイズされた現場に最適
    【スライドレベラー】
    レベラーするテーブルの高さを変えられるため座り作業も立ち作業にも最適
コンテナ台車/マルチドーリー

規格コンテナ用台車マルチドーリー

    規格化されたコンテナに対応した台車です。従来は様々なサイズのコンテナが市場に出回っていたためそれぞれの大きさに対応した台車を持つ必要がありました。このマルチドーリーはコンテナの規格化が進む現代に合わせ3つの規格コンテナに対応した台車です。

    【対象コンテナ】
    ①50ℓ折りたたみコンテナ
    ②標準クレートⅡ型コンテナ
    ③IFCOコンテナ
重量物用牽引台車/トレーラー

重量物用牽引台車トレーラー

    空港品質を掲げる重量物用台車「トレーラー」は、国内主要エアライン様のほとんどに導入して頂いている空港用トレーラーの技術を使用した産業用の牽引台車です。最大の特徴は両牽引というどちらからも牽引が可能なことやほとんど内輪差のでない独自の設計です。特注での対応ももちろんございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
その他製品/シャリエなど

その他製品

    上記以外の製品紹介ページです。

    多段式おりたたみ台車「シャリエ」
    頑丈さが売りの二輪台車「キャリエース」
    ピッキング用ひざ高台車「モデアカート」
    かご台車「ロールボックス」

その独創と挑戦

花岡車輌の創業者、花岡宏が1965年に自らの研究成果を規格量産型のハンドトラック(当時は運搬車、または台車)として発表して以来、ハンドトラックダンディシリーズは全世界で約300万台を売り上げ、多くの使い手の皆様に愛されてきました。ダンディは、運搬という作業をより機能的にするため、昇降機能、無人走行機能など、進化してまいりました。

製品のこだわり

ハンドル

徹底したユーザー調査を行い、使用シーン、使用者の分析を基に、誰にでもどんな使用方法でも使い易いハンドルを開発。


リリースハンドル

ユニバーサルデザインの考えのもと、ユーザーとの対話を重視して、誰にでも使い易いリリースハンドルを開発。


キャスター

キャスターは、その製品ごとに最も適したものを選択しております。また、環境に配慮し、音が静かなものを採用しております。


制御ソフト・制御基盤

当社独自の制御基盤とソフトは、製造ラインから物流倉庫など使用シーンに合わせた多様な運用が簡単に行なえる特長があります。


油圧ユニット

「ダンディリフト」用の手動式油圧ユニットから、最大3t用の電動油圧ユニットまで、独自に開発した、高性能、高耐久の油圧ユニットがあります。


製品史

空港用物流機器 製品史
項目
1965年 プレス製品第1号としてのダンディの開発と量産販売開始
1979年 昇降機能を付加したダンディリフトシリーズを発表
1986年 超低床テーブルリフト「フラットリフト」を開発。本格的に油圧式テーブルリフトをシリーズ化
1994年 無人搬送車「ダンディシャトル」の開発販売開始
2000年 地球環境に配慮した、脱塩ビ化を図った「ダンディエコ」シリーズを発表
2004年 ユニバーサルデザインの研究結果を取り入れ、より使い易さを追求し「プレミアムダンディ」「プレミアムダンディリフト」を発表
2005年 ユニバーサルデザインによる無人搬送車「プレミアムダンディシャトル」を発表

↑ このページのトップへ